SSブログ

いってきます! Fly to Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_20221211_164944_DRO.jpg

『ANA Lounge』@羽田空港にいます、師走にも「毎月ソウル」を重ねていきます。

9月から海外旅行の制限がなくなり、10月からは出入国の検査義務も撤廃され、
ようやく気軽に異国の地を闊歩できる日常が戻ってきました。

とはいえ、まだ旧来の便数に戻っておらず、「格安航空券」は高止まり。
頼みのLCCもセール、セールと謳いながら燃油サーチャージが1,2万円ぐらいかかるので、
とても安いとは言い難い価格が続いています。

韓国便に限っていうと、FSCの格安航空券は5万円前後、LCCの安売りプロモでも3万円前後、
片道千円前後のセール・チケットで飛んでいた身としては手を出す気にはなれず。

https://delfin3.blog.ss-blog.jp/2019-01-07 (チェジュエア・プロモ  700円x往復)
https://delfin3.blog.ss-blog.jp/2019-12-11 (エアソウル・プロモ 2,000円x往復)

IMG_20221206_223040_DRO.jpg

日本と韓国を飛んでいる航空会社はこんな感じ。

FSC(フル・サービス・キャリア);
日本航空・全日空・大韓航空・アシアナ航空・エチアオピア航空

LCC(ロー・コスト・キャリア);
ピーチ・ジップエア・エアプサン・チェジュエア・ジンエア・ティーウェイ・エアソウル

LCC各社は毎日就航にまで復元していないのでチケットは依然高い状態、
ちなみに日本サイドの新興LCC『ジップエア』は、LCCなのに安くなく、
10月30日に再開した『ピーチ・アヴィエーション』は「毎日就航」と気炎を上げてますが、

HND/ICN 01:55-04:35
ICN/HND 22:40-00:55
と行きも帰りもトンデモない時間帯に空港に落とされるので余計なコストがかかることに。
ドチラも使い勝手がいいとはいえず、眼中に入ることはナッシング。

IMG_20221206_223951_DRO.jpg

韓国LCCはことのほか元気で、さらに増殖中。
同じく10月30日に「フライ・カンウォン」が新就航する。

NRT/YNY 11:00-13:20(月水金日)
YNY/NRT 08:00-10:00(月水金日)
というスケジュールで成田と襄陽(ヤンヤン)を結ぶ新ルート。
「襄陽」は中国と間違えてしまいそうですがソウルから東の海沿いの街でゴザイマス、
安かったら未踏の地方都市に飛んでみようかな。

楽天トラベル「全国旅行支援」13日から販売開始!


またこの12月23日には「エア・プレミア」が新就航。

NRT/ICN 12:40-14:50(日月)11:50-14:20(水金)
ICN/NRT 08:30-11:30(日月)08:00-10:40(水金)
と仁川~成田を週4往復する以外にも、シンガポール、ホーチミン、ロサンゼルスにも就航する模様。

座席幅がFSCよりも1インチ広く、4時間以上のフライトでは機内食も提供するそうで、
FSCとLCCの間の「ハイブリッド航空会社」がコンセプトの新進気鋭。
価格はプレミアでないといいけどなあ。

IMG_20221212_145640_DRO.jpg

ということで、安くない格安航空券をあきらめ、今回もスターアライアンスのマイレージを利用。

2022-12-06 19:25/22:05 OZ1035 HND/GMP
2022-12-13 09:35/11:50 OZ102  ICN/NRT

定番のアシアナ利用は帰りの羽田便をおさえられず、仁川から帰ることに。

マイル消費以外に両国の空港使用料6,920円かかるだけ、
マイレージ発券は高騰の燃油サーチャージを払わなくって済むのが利点。
こんなところでアメリカ取材で貯めこんだマイルを消費していくわけですな。

今回もまずは飛ぶこと優先、いつものようにネットで安宿だけ押さえ、あとの予定は真っ白。

ひとまず金浦空港から市内の宿に着くと日付が変わりそうな時間帯なので、
そのことだけ宿に伝え、OKもらっておきました。

IMG_20221207_213440_DRO.jpg

ホテルでも安宿でも到着便がわかっているなら、事前に伝えておいた方がいいですよ。
フライトは遅れることがよくありますし、空港からは意外と時間かかりますしね。
おっとこれは韓国に限らず、海外旅行全般のオハナシ、ネットで宿予約した場合は特にデス。

夜遅くなる場合は「ノーショウ(無断キャンセル)」と思われ、部屋を取り消されちゃうことが。
宿は「ノーショウ」でダメージ受けるより、「ウォークイン」の客入れてしまいますから、
着いたら部屋がない、なんてことにならないように、
事前にフライト番号と到着時間を伝えておくと多少の保険になりますぜ。

金浦空港の場合、飛行機到着から1,5時間、仁川空港なら2時間ちょっと、
釜山・金海空港なら1時間が市内への所要時間の目安かな、移動手段にもよりますけどね。

冬のソウルの気配を感じながらいってきます!

06, Dec. 2022 @ ANA Lounge HND


おんたいむフォトはこちらで!
https://www.instagram.com/p/Ci9QeAdL6vI/?utm_source=ig_web_button_share_sheet

「出入国リポート」の前に執筆した記事がUPされました。
https://is.gd/SMOZyN
「日本語になっちゃった韓国語」【Korea.net】韓国政府観光局
前回と異なり、「おもしろコラム」風に仕上げてますので、オヒマツブシにご一読を。

オンタイム出入国事情2~ホントに必要なアプリや書類とリアル情報~
https://is.gd/oHzZHg
【Korea.net】韓国政府観光局

【じゃらん】「全国旅行支援」10日10時から



nice!(67)  コメント(0) 

nice! 67

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント