SSブログ
前の3件 | -

いってきます! Fly to Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_20231218_184930_HDR.jpg

今回の旅の騒動のはじまりは羽田空港。

いつものようにオンライン・チェックインを済ませ、
チェックイン・カウンター手前のキオスク端末で搭乗券を取り出し、
早めにラウンジに潜り込んで、残っていた書き仕事でもしようかなと目論んでいた。

いつものように誰とも会話することもなく、スムーズに手荷物検査場へ向かうナガレだったが、
検査場に足を踏み入れる前にメッセンジャーの通話通知が鳴った。

「これから韓国出発でしょ?」

「そうだよ、これからX-ray、世界一タイミング悪いな」

そう悪態をつくと画面に名が出ていた韓国の友人が海の向こうで笑っていた。

「あはは、ゴメンゴメン。週末、カンウォンドに行くんだけど合流しない?」

「かんうぉんど? ナニソレ? ドコだソレ?」

「スキー・リゾート。家族で行くんだけど来ません?」

「あのねえ」

まったく。
出発前に唐突なお誘い。
予定を直前に決めるのはアジア人のサガ、たぶん日本人はアジア人じゃないんだ。

「フライトでじっくり考えてみるわ」そういって通話を切った。

IMG_20231213_163652_HDR.jpg

ソウルから電車で現地へ、宿はコンドミニアムだから心配なし・・・などなど、
通話の後に清涼里駅の時刻表とコンドの地図など各種情報が送られてきていた。

宿もガッツリ一週間取ってあるつーのに、チェックイン当日じゃキャンセル(払い戻し)もできねえぞ。
「カンウォンド、ドコよ、カンウォンド!」と羽田の出発フロアで叫びたくなっていたが、
ラウンジのシャワーで気分を変えることにして、予定を再構築してみることにした。
といっても市内が混み合う週末はなにもしないでカフェで過ごすのが常道なのだが。

今回のフライトはこんな感じ。

2023-12-13 20:05/22:35 OZ1035 HND/GMP
2023-12-20 15:35/17:20 OZ106 ICN/NRT

コロナ後はチケット高騰が続いている、それもこれもバカ高サーチャージが原因だ。
マイル発券連発でこれを補い、空港使用料の7,010円のみで韓国旅行を実現というワケで。

IMG_20231218_184624_HDR.jpg

到着便は少し遅れ、金浦空港に到着。

外国人用の入国審査がちょっと混んでいたため、金浦空港から江南駅に着くと日付が変わっていた。
江南駅地下街の出口は次々と閉められていたが、係員に目的の出口番号を告げるとそこだけ開けてくれた。この国のこういう融通というか、加減が好きだ。

地下街を出ると12月の深夜だというのにけっこう暖かく、東京の夜と同じ感じでみごとに拍子抜け。
ポツポツ雨が落ちてきていたが、どうやら翌日にも続いたこの雨が暖かさの原因らしい。

今回も引き続き知らない宿に挑む、そのため毎回チェックインが完了するまではちょっとした冒険だ。

宿を見つけること自体もそうだが、スタッフがいてドアを開けてもらえるかがちょっとした勝負、
ロックされたドアの前から何度電話したことか。
なにせ人件費節約で夜はスタッフが帰るゲストハウスやホステルも多いからね。(ホテルは問題ない)
それもコロナ後は事前メールでメインドアや部屋のロックの暗証を教えてくれることが常道化しつつある、
スタッフが食事で不在なんてこともあるから、旅人としてはこの「プリ・チェックイン」方式は助かる。

この「小冒険」、看板を出してない、あるいはハングルのカンバンだけ、となるとハマるパターン。
なにせこちとらこの国では「文盲」だからね、あいかわらずハングルは読めない。

楽天モバイルは海外でも2GB無料!追加設定なしでそのまま使える!


で、今回もコシウォンの入ったビルやカンバンが見当たらない。

キャスターバッグを歩道に置き、スマホの地図で確認してみるが、見い出せない。
それらしいビルがあるのだが、カンバンが出ておらず、そのビルの中にあるのかもわからない。
深夜の路肩でスマホ片手に少しばかり途方に暮れかけていると、声をかけられた。

「なに探してるの? 旅行の人?」

韓国語で半分もわからなかったがそんな感じは汲み取れた。

「コシウォンです、このビル、この番地、ありますか?」

カタコトの韓国語で聞き返してみた。

「このあたりにコシウォンなんてあったかな? 住所わかる?」

そう答えてくれたオジサンにスマホの地図を差し出し、見せようとしたらスマホの画面が暗くなった。
バッテリー切れ!
空港から宿を調べたり、カンウォンドを調べたりしていたので、ムダにバッテリーを消耗していたのだ。




「あちゃあ、バッテリー、オプソヨ(なし)です」

「日本の人? 事務所においで。PCあるから調べるよ、それと電源も繋いであげるから」

アヤシイ事務所に連れていかれるわけでもなかろう、オジサンに続き、ビルの奥の事務所に進んだ。

「ニホンいましたよ、ツルミ、働いてたよ、ナンダッケ、あの赤い電車」

急に日本語で話しかけられ、知っている地名に驚かされた。

「ケイキューですか? 京浜急行、当時は京浜鶴見かな。今日、赤い電車で空港まで行きましたよ」

こちらも日本語と韓国語を交えて答える。

「そうそう、懐かしいねえ、ケイキュ~、赤い電車~」

オジサンはビルの警備員のようで、若いときは鶴見の電機メーカーで働いていたらしい。

IMG_4709.jpg

そういえば「毎月ソウル」をはじめた頃、深夜到着で市庁までのバスしかなく、そこからタクシーに乗り、
当時多かった「ぼったくり」を警戒していたら、唐突に日本語で話しかけられたことを思い出した。
その時も同じく「ツルミ」の話で盛り上がったのだ、妙なところで話がリンクしていく。
https://delfin.blog.ss-blog.jp/2009-05-15 深夜リムジンでシチョン(市庁)到着

「検索すると隣のビルだねえ」

PC画面を指差しながらそういうと「行ってみよう」と促された、バゲージはそのままで、
隣の雑居ビルに入り、階段を3Fまで上がるとフロントらしきものがあり、宿のカンバンが出ていた。

「ここみたいです、コシウォンのナマエがありました」

「それはよかった。夜はいつもいるからさ、時間あるときにまた寄りなよ」

重ね重ね礼をいうこちらに気さくにそう言う、荷物を取りに戻り、握手をして別れた。

小雨が落ちる深夜のチェックイン前、アチコチにソウルの小さなやさしさ。

13, DEC. 2023 @ TIAT Lounge, HND A/P



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

訪れない秋を探して from Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_20231027_130122_HDR.jpg

8日間の滞在ものんびり過ごしている間に帰国日です。

今年はどうやら世界的に「秋」というものがないらしく、ここソウルも秋らしい風が吹いておらず、
10月も終わったというのに汗ばむ陽気が続き、「残暑」のやる気は衰えを知らないご様子。
なにせ到着日の気温計は20℃を指していた。

ただ街路樹のイチョウだけは正しい季節を主張していて、あっちこっちで銀杏の実を落とし、
踏みつけた靴のまま自宅に帰るのは憚れる独特の香りを放っている。
路傍のつぶれた銀杏を眺めながら、なんとかソウルの秋を感じている。

IMG_20231025_203345_HDR.jpg

先月のブログ記事でもお伝えしましたが、韓国の値上げラッシュは公共交通機関にも。

前回訪問時には先んじて市バスが値上がり、(8月12日から1,200ウォン⇒1,500ウォンに)
それに追随する形で地下鉄も値上げ。  (10月 7日から1,250ウォン⇒1,400ウォンに)
                       <いずれも交通カード利用の場合>
長い間、市バスのほうが安かったので、ブログでもバス利用をお勧めしてましたがここで逆転現象デス。
予定では地下鉄は来年、さらに150ウォン値上げし、1550ウォンとなる予定だそうで。

それでもまあ、150円ほどで市内を動き回れるのですから、旅行先としては優等生ですね。

今回はシンギル(新吉)駅にほど近いコシウォン(考試院)に滞在、とお伝えしましたが、
実際に降り立ってみると1号線側のシンギル駅前にはなにもなくて、がっつり住宅街が連なってる。
到着して、ムムムとなりながら、日没前にチェックイン。



いつものように荷物だけ放り込んで出かけると、
駅南側の大きな三叉路の奥に商店街らしきエリアが広がっていたわけですね、
食堂もカフェもあり、ローカルスーパーもあり、Izaacトーストにも久々のご対面で一安心。
1号線沿線なのでどうやら古めの街のご様子。

で、夕飯求めてブラついているとその三叉路で営業する軽トラ露店に人だかり。

ナンダナンダと覗いてみるとスンデの露店のようで、会社帰りの人や地元の夫婦が列を作っている。
宿にはコシウォン定番の白飯は炊かれているので、スンデの晩飯もいいんじゃない、と覗き込んでみる。

手作りのスンデを売りさばいているらしく、4~5組分の注文をまとめたところで、
やおら蒸かし釜からでっかいスンデを取り出し、その場で切り分け、順に詰めている。
そのため時間がかかり、ちょっとした列をなしているようだ。

旅先では地元の人の舌を信用することにしているので迷わず並ぶことに。
翻せば観光客が連なる店には行かない、それは万人が好む「平均」の味でしかないから。

IMG_5514.jpg

あいかわらずハングルは読めず、メニューの金額しかわからないので、
前の人と同じやつ、でかわそうとしていたら自分が先頭になってしまい、ハゲシク動揺。
「今行ったアジュシ(おじさん)と同じので」と伝えたがわかってもらえず、戸惑いを重ねていると、
「さっきの人の盛り合わせと同じでいいみたいよ」と横から地元の人の助け舟。
「ソデス、ソデス」とうなづくと事は進んだようで、ローカルエリアはこういうところも楽しい。

「スンデ、食べたことある?」「ニホンジン?めずらしいね」「観光?仕事?」
パック詰めを待つ間、包丁を振る店のおじさんと列に並ぶ地元夫婦が退屈凌ぎにアレコレ尋ねてくる。
韓国語はできないのだが、こういう会話はなんとなくこなせてしまうアヤシイ日本人。

パック詰めされたものを袋に入れてくれ、「味が楽しみです」なんて社交辞令を告げて露店を後に。

盛り合わせスンデ8,000w、蒸したレバーが秀逸でスンデも臭みが全くなく、リピートしてもいい味、
ただしパックが閉まらないほどの量、3食に分けて食べるほどでノー・チャンス。

IMG_20231101_160705_HDR.jpg

となりの路地にあった『Izaac(イザーク)』は朝食に重宝、いつものように「砂糖なしで」とお願い、
しこたまバターの染み込んだホット・トーストはやっぱり病みつきテイスト。

ここってスペルからして「イザーク」なんだけどなぜかWebや雑誌記事は「イザック」と明記する、
「aa」は「アー」の発音、周りの韓国人も「イザーク」と呼んでいる、自分の周りだけ現象かな。

蛇足ですが「Coop」(生協)の英語発音は「クープ」、コープではござんせん。

チメクの店も探し出し、毎回定番の「丸揚げチキン」をテイクアウト、
揚げ直ししてくれ、油が滴るような状態で包み、その店オリジナルのスパイス塩を添えてくれる。
今回は9,500w、そうそうロッテマートやE-martでもバケツに入って売ってますぜ。

宿の狭い部屋のテーブルで食べるのは少しイケてないが、地元の味がたまらない。

01, NOV. 2023 @ Sky Hub Lounge, GMP A/P


ビビゴ 牛骨スンデクッ 460g 4袋セット 韓国式豚の腸詰めチゲ 韓国料理 スンデ レトルト 参鷄湯お粥

【冷凍】【もちもち】★新都延辺米腸(スンデ)★【常温、冷蔵商品同梱の場合は冷蔵発送】

スンデクッパ 韓国料理 韓国スンデクッパ キャンプ飯 ヨプの王豚塩焼のスンデクッパ 600g 2食分

オープン記念!10%OFFクーポン発行中! スンデステーキ専門店 実録 シルロッ 360g 2-3人前


nice!(85)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to Seoul [South Korea (Seoul)]

IMG_20231030_131409_HDR.jpg

9月の半ばに帰国し、涼しくなるかと思ったら残暑はやりっぱなし、今年の夏は終わりがないらしい。

衰えることのない暑さに閉口していたら、10月入って間もなくトンでもないニュースが飛び込んできた。
ハマスの爆撃に応戦する形でイスラエルが戦争状態、6月に訪れた土地が戦争?

6月に取材した「イスラエル紀行」は無事にUPされ、
紹介記事やAGT向けの講演などイスラエルにまつわる仕事が舞い込んでいたのだが、みごとに雲散霧散。
数か月前に訪れた土地でまさか戦争がはじまるとは、閉口していたクチがぽっかり開いたままになった。
遥か彼方の聖地の紛争に渡航中でなくてよかった、と真っ向ポジティブに考えるぐらいしかできやしない。

■第1回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003090/
■第1回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003211/
■第3回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003244/
■第4回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003297/
■第5回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003371/
■第6回レポートはこちら→ https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3003438/

開いた口が塞がらない状態のバカ面で、できることといえば「スポーツの秋」に浸るぐらい。

10月といえば、MLBのポスト・シーズンなのさ。
2022年にプレイオフのルールが変わり、ポスト・シーズンのシートが増えた。
各リーグ3つの地区の優勝チームと成績上位のワイルドカード3チームが、
それぞれのリーグで頂点のワールド・シリーズ(WS)出場を目指す。

今シーズン、American League(=AL)EASTは5チームすべてが勝ち越している異常な状態が続いていた。
結果、101勝でリーグ1位の勝利数をあげたオリオールズ(シード1位)が地区優勝、
99勝のレイズ(同4位)、89勝のトロント・ブルージェイズ(同6位)がワイルドカードで続く。
我が愛しのボストンはラストにがっつり息切れ、78勝84敗とわずかな負け越しで地区最下位に沈んだが、
まさかドアマット=オリオールズが100勝越えとは、誰が予想したかねえ。

ALCENTRALは87勝のミネソタ・ツインズ(同3位)が87勝で地区優勝、
ALWESTは首位を走っていたテキサス・レンジャーズ(同5位)が最終戦にまさかの敗戦で90勝止まり、
ヒューストン・アストロズ(同2位)に並ばれ、地区優勝と初戦がBYEとなるシード2位の座を失った。
(以前は同勝利数で並ぶと1ゲーム・プレイオフが行われたが、2022年、タイブレーカー・システム導入)
そしてこの小さな敗戦が今年のポスト・シーズンをドラマティックに展開していくキーになる。

National League(=NL)はEASTのアトランタ・ブレーブズ(シード1位)が104勝とリーグを席巻、
フィラデルフィア・フィリーズ(同4位)90勝、マイアミ・マーリンズ(同5位)84勝でワイルドカードへ。
NLCENTRALは92勝をあげたミルウォーキー・ブルワーズ(同3位)、
NLWESTは100勝を刻んだロサンジェルズ・ドジャーズ(同2位)がそれぞれ地区優勝の座を占める。
ワイルドカードのラストシートにはアリゾナ・ダイヤモンドバックス(同6位)が滑り込んだ。

現在30チームが所属するMLB、WS優勝経験がないのは6チームだけというのはご存知?

IMG_0848.jpg

WS出場経験すらない唯一のチームがシアトル・マリナーズ。
2002年から20シーズン連続プレイオフなしというアメリカ・プロスポーツとしての不名誉な記録も樹立、
2022年ようやくその更新を止め、今季もあと1勝でプレイオフ出場を逃した、頂上への道のりは未だ遠い。

ブルワーズはAL所属時代の1982年に出場しただけ。
1998年、エクスパンションでアリゾナ・ダイヤモンドバックス、タンパベイ・デビルレイズ(当時)が誕生、
それに伴い、NLへ移行し不遇が続いていたが、昨今はプレイオフ常連にのし上がってきている。

その新設チーム、デビルレイズは2008年にレイズに改称、するとその年にWS初出場の大躍進を遂げた。
また2020年にも出場しているが、栄冠には輝いていない。

レンジャーズは2010、2011年に連続出場、2011年はあとストライク1つで優勝までに至ったが、
そこから崩れ落ち、苦汁を舐めた、この年は劇的なシリーズのひとつとしても有名だ。

1993年、フロリダ(当時)・マーリンズとともに誕生のコロラド・ロッキーズは、
2007年にワールドシリーズに進出するも我がレッドソックスがあっさりスイープ。
蛇足だが同期のマーリンズは1997、2003年に制覇を遂げている。(2012年、「マイアミ」に改称)

サンディエゴ・パドレスは1984、1998年に出場、しかしシリーズでは通算1勝しかあげていない。
この6チームのうち、3チームが今季プレイオフに進出、常勝チームとの対峙にも注目が集まる。




10月3日にはじまったポスト・シーズンは波乱の展開が続いた。(カッコ数字はプレイオフ順位)

まずは3試合中2試合先勝で勝ち上がりの「ワイルドカード・シリーズ」、
ALはツインズ(3)がブルージェイズ(6)に順当勝ち、
レンジャーズ(5)が上位のレイズ(4)を退ける波乱。
NLはブルワーズ(3)がダイヤモンドバックス(6・以下Dバックス)に一蹴されるとは。
フィリーズ(4)はマーリンズ(5)を寄せ付けず、ワイルドカードはすべて2試合で片が付いた。

続いてシードチーム登場の「リーグ・ディビジョナル・シリーズ(LDS)」は5試合中3試合先勝で決着、
波乱の幕開けとなったワイルドカード・シリーズの波はここでも荒れたままだった。

AL1位のオリオールズ(1)は2016年以来のポスト・シーズン出場、ファンの熱気は高まったが、
いいところなしでレンジャーズ(5)にあっさりスイープされ、シーズン・エンド。
一方、7年連続プレイオフ出場、その内4度ワールドシリーズ出場、2度制覇という、
昨季チャンプのアストロズ(2)は危なげなく、3勝1敗でツインズ(3)を撃破。

NLでも11年連続プレイオフ出場、その内3度ワールドシリーズに出場、1度優勝のドジャーズ(2)が
シード最下位Dバックス(6)にスイープを食い、2年連続プレイオフ初戦敗退の憂き目に。
6年連続プレイオフ、2021年チャンピオンのブレイブズ(1)は
昨年のワールドシリーズの雪辱を誓う同地区のライバル=フィリーズ(4)に1勝3敗で屈した。
2年連続100勝以上を刻みながら、2年連続プレイオフ初戦でフィリーズに退けられるとは。

3試合がアップセット、おまけにシード1位がともにスイープとは、まさに混沌のポストシーズン。
連日を戦い抜く野球というスポーツにおいては「初戦免除」という状態が試合勘を失わせるのかもしれない。

そして7試合中4試合先勝の「リーグ・チャンピオンシップ・シリーズ(LCS)」は
ともに7戦までもつれ込むドラマティックなボールパーク劇場が繰り広げられた。

ALCSはホームチームが地元で勝てない、という不思議な現象が続き、
結果的にホーム・フィールド・アドバンテージ(4試合)を有していたアストロズ(2)を
ここまで無敗で勝ち上がってきたレンジャーズ(5)が下し、シーズン最終戦の悔しさを見事に晴らした。
NLCSは2勝で並んだ後、フィリーズ(4)がアリゾナで3勝目をあげ、地元での2戦を残して凱旋、
しかし最後までスモールベースボールを貫いたDバックス(6)が赤く染まったスタンドを沈黙させた。

MLB.jpg

結果、ALSCはシード5位のレンジャーズ、NLSCは6位のDバックスが制し、予想外のシナリオに。
共にポストシーズンで9勝3敗、LCSでは第7戦でものにし、10月のチーム状態の良さを示した。
ちなみにワールド・シリーズでワイルドカード同士が顔を合わせるのは、
2002年のアナハイム(当時)・エンジェルズvsサンフランシスコ・ジャイアンツ、
2014年のSF・ジャイアンツvsカンザスシティ・ロイヤルズ以来、3度目となる。

同時期にNPBも熱を帯びていたけど、いつのまにか鐘太鼓のドンチャカ応援に戻ってますね。
コロナ禍の無声応援やWBCでバットの快音が鳴り響く快感を覚えたはずなのにすっかり元の木阿弥。
リーグの半分が出場、しかもハンデキャップ戦のクライマックス・シリーズは開始当初から興ざめ、
公式戦から日本シリーズへの日程は昔から間隔空け過ぎ、1週間も休んだら違うチームになってるっての。
とにかく同調圧力の塊と化した応援と冗長なリーグ日程が改善されない限り、観る気が起きまへんなあ。

レンジャーズが頂点を極め、前述6チームのリストからその名を消すのか、
Dバックスが創設4年目で栄冠に輝いた2001年以来の2度目の頂点をつかみ取るのか。
WSは28日プレイボール、まずはソウルでオンタイム観戦しつつ、帰国後もたっぷり生中継に浸るのさ。

IMG_6143.jpg

10月14日からはRWC(Rugby World Cup)のノックアウト・プール(決勝トーナメント)がスタート。

予選プールは気になるチームの試合だけチェック、
質の高い試合が繰り広げられる決勝トーナメントは全試合観戦モードに。

桜を散らしたアルゼンチンは今大会のダークホース=ウェールズを29-17と一蹴、
不調が噂されるオールブラックス・ニュージーランドは好調のアイルランドを28-24でねじ伏せた。
続く15日、我が母国・イングランドはフィジーを相手に30-24と危なげない勝利、
南アフリカは本命視されていたフランスを29-28と地力で退けた。

20日のSF、オールブラックスは快進撃のアルゼンチンを44-6と寄せ付けず、底力を見せる。
21日のSFは前回大会決勝の再戦、イングランドはチャンピオン・南アフリカ相手に終始リード、
しかしラスト10分を完全に支配され、16-15でまたも涙を飲んだ。
今大会は我がイングランドは優勝できるクオリティだと思ったんだけど、27日の3位決定戦に回ることに。

決勝は28日、ソウル滞在中に観戦できるかな、あるいは情報封鎖して帰国後ゆっくりビデオ観戦かな。

並行してレギュラー・シーズン進行中のNFLは出発前の24日にWEEK7が終了。
今シーズンは開幕からファンを驚かせるニュースが重なった。

恒例のスーパーボウル・チャンピオンが登場するシーズン・オープナー、
ライオンズがチーフスを21-20で下す大波乱、誰が予想した? だってドアマット=ライオンズだぜ。
さらに大型移籍で注目を集めていたジェッツQBアーロン・ロジャーズが開幕戦でアキレス腱を断裂、
いきなりシーズンアウト、ドラマでも書けないシナリオが続き、今シーズンがはじまっている。

合間には平日ナイターと週末テニス、週3~4プレイでカラダを絞りつつ、スポーツの秋が深まっていく。

IMG_20231027_195833_HDR.jpg

10月のソウルは6月に急遽飛ぶこととなったイスラエル取材を受けて、振り替えた旅程。

マイレージ発券なので変更手数料もなし、高止まりの燃油サーチャージもなしで気軽に飛び直し。
差し替えた日程はこんな感じ、かかる金額は両国の空港使用料の6,560円也。

2023-10-25 13:20/15:50 OZ101 NRT/ICN
2023-11-01 19:30/21:45 OZ1065 GMP/HND

今回も新たな安宿にチャレンジ、シンギル(新吉)駅という初めての駅に降り立ってみます。

25, OCT. 2023 @ KAL Lounge, NRT A/P


ランキング1位! スンドゥブチゲのもと 150g 韓国料理 2倍濃縮 本格 李王家 業務用 豆腐 キムチ セット 1人鍋

ランキング2位! ナッコプセ ヨプ 韓国料理 もつ鍋 キャンプ飯 ナクチ・コプチャン・セウ 1455g お取り寄せ

ランキング3位! イイダコの辛口絶品コチュジャン炒め・チュクミ ポックム 300g タコ炒め【冷凍便限定】

ランキング4位! 【送料無料】 餃子4種食べ比べセット 冷凍 84個 餃子 焼き餃子 李朝園の餃子 キムチ入り


nice!(117)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -