SSブログ

Arts District @Las Vegas [Las Vegas (U.S.)]

CIMG9399.jpg

ーDAY9ー 10月10日

夜通し吹き荒れていた風が止み、強い日差しが戻ってきた。

今朝も早くから起きだし、カフェの朝食取材に出向くことに。
目指すのはすでに店名からベジタリアンやヴィーガン感が滲み出ている『VegeNation』という店。

IMG_3324.jpg

ホテル前からリムジン横付けでするするとご出勤、といいたいところだが、
地道にホテル前の交差点からシェア・サイクルをかしかしと漕ぎ出した。

カフェへはホテルから4ブロックほど、歩くには遠く、クルマでは近すぎで自転車最強説再燃。
キオスク・スタンドが横付け状態なのでこれはこれで悪くない。

CIMG9400.jpg

ダウンタウンで人気のカフェやレストランは「Carson Av.(カールソン・アベニュー)」界隈に集中、
数日前に取材した『Foodie Tour~』で歩いたエリアがもろにそれに当たっていたのですね。

おさえた安ホテルがダウンタウンの東南にあったので、偶然にも動きやすいロケーションにスッポリ、
併せて「シェア・サイクル」という取材向きのかなり取り回しのいい足でガッツリ。
こいつで動き回った成果で、白地図だったダウンタウンが少しずつ色がついて埋まっていく感じに。

みなさんもダウンタウンを訪れる方は、カマキリ周辺を探索するといい店に出会えますぜ。

CIMG9351.jpg

「最強説」は昨日の午後に見い出された。
カマキリを離れ、「The Deuce」に乗り、南西の「Arts District(アーツ・ディストリクト)」へ。

ここは地元の若いアーティストが集うエリア、
ギャラリーやアンティーク・ショップ、カフェが軒を連ね、オブジェやグラフィティが街角を彩っている。

ここにもシェア・サイクルのキオスク・スタンドがあるので、バス停から即、自転車へ。

CIMG9312.jpg

ちなみに「The Deuce」「SDX」のバス乗車は、
2時間のパスが$6、24時間パスが$8、3日間パスが$20と乗り放題パスを買ってしまうのがお得。
ストリップからダウンタウンの移動はもちろんアウトレットなどにも足を延ばせますぜ。

「シェア・サイクル」は24時間利用が$5、3日間が$10、クレジットカードで手軽に気軽に足ゲット。
自転車用の走行レーンもあり、カンタンに借り出せ、ダウンタウン・エリアに駆り出せ、青春。

https://bikeshare.rtcsnv.com/  RTC Bike Share 公式サイト

CIMG9407.jpg

ランチが人気という『Makers & Finders』へ伺うが、ランチメニューが終わっていたので、
デニッシュと人気だというアイスコーヒーを頼むことに。

「このボトルに好きなタイミングで流し込んで、飲んでくれ」

ドリップされたコーヒーのグラスと氷がしこたま入ったボトルを置くと、
カウンターの中のスタッフがそう説明してくれた。

アイスコーヒーのこのひと手間が外の暑さにヤラれたカラダとアタマを冷やしてくれる気がした。

CIMG9403.jpg

続いて隣のブロックにある『Cornish Pasty Co.』へ、地元の人たちがこぞって名前を上げた店だ。

「ごめん、今日はこれから貸し切りなんだ」

扉を開け、声をかけようとしたこちらを制するように先手、頭を垂れ、写真だけ撮らせてもらい、撤退。
ヒットしたり、空振りしたり、取材はこんなことの繰り返し、
そんなこんなでこのエリアも歩き、いや漕ぎ尽くし、日が沈む頃にダウンタウンに戻った。

CIMG9401.jpg

『VegeNation』は「入れないほど混む」というウワサもあったが、さすがに朝イチは貸し切り状態。

「好きなところ座って」といい、キッチンに去ろうとするウェイトレスを捕まえ、
「人気メニューってどれ?」といういつもの質問攻撃。

「やっぱり、朝はシリアル・ボウルが人気ね」と笑顔のお答え。

メニューには4種類ほどのボウル・メニューが並ぶ。

CIMG9344.jpg

「じゃあ、ココナツ入りのやつをもらおうかな」

「ごめんなさい、ココナツを切らしているの」

オイオイ、と思いつつ、「じゃあ、こっちの『Mamma Knows Best Bowl』はある?」と恐る恐る尋ねる。

「アサイー入りのやつね、それも人気の一品だわ。それはダイジョウブ。コーヒーはどうする?」

CIMG9410.jpg

オススメというオーガニックのコーヒーを頼むと、フレンチ・プレスでテーブルに運ばれてきた。

「お、『フレンチ・プレス』じゃん」

「ええ、うちはこれで出しているの、コーヒーをたっぷり楽しんでほしいから」

フレンチ・プラスに並んで置かれたアサイー・ボウルはがっつりとデカかった。
朝からこれぐらいの量をやっつけないときっと立派なアメリカンにはなれないのだろう。

CIMG9412.jpg

日本では紅茶を淹れる「シャレオツ」アイテムと思われている「フレンチ・プレス」、
実はこいつはコーヒー用、ヨーロッパのカフェでは当たり前のようにコーヒーをサーブして出てくる。

プレスすると紅茶はエグ味が出てしまうので、オシャレどころかおいしくない、
茶葉は揺すらないのが常道、ティーバッグすらジャブジャブするのはNGでさあね。

フレンチ・プレスで淹れるコーヒーはフィルターを通さないので、豆の油分がそのまま抽出され、
豆のテイストがダイレクトに来るので、コーヒーの強い味が好きな人向けですよ。
挽いた豆を入れ、お湯をぶち込むだけなので、ものぐさな人にも向いてます、
自宅でも愛用してます、ペーパー・フィルターのゴミも出ないしね。

時折、出勤前のコーヒーをテイクアウトする人が立ち寄るぐらいで、静かな朝食タイムが続いていた。

CIMG9439.jpg

CIMG9442.jpg

IMG_3473.jpg




「がっちりマンデー!! 」で話題のそとアソビ、おでかけサイト!


nice!(60)  コメント(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 60

コメント 1

yokomi

ラスト、とても美味しそうですね(^_^)v
by yokomi (2020-06-27 23:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

Veganism @Las VegasSUPERBOWL LV ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。