So-net無料ブログ作成

見知らぬビーチから to DMK from Hua-hin [Thailand(Hua-hin)]

20190706_215544.jpg

フライト待ちでドンムアン空港のラウンジにいます、帰国日です。

チェンマイからドンムアンに降り立った後、ホアヒンを目指し、
『モチット・マイ(北バスターミナル)』からロットゥー(ミニバン)に乗り込んだ。
200kmほどの道のりが180B、≒600円の料金でございます。

17:15に走り出したロットゥーは20:30にホアヒン着、3時間半かかからない早い到着。

とっぷり日の暮れたホアヒンの『クロック・タワー』の前に放り出されると今夜の宿を目指した。
右も左もわからない町だけど、ホアヒンはビーチ沿いに南北に細長い町なのでわかりやすい。
といいつつ、最後の路地を一本間違え、バイクの地元若者3人組に宿の在処を尋ねることに。

するとなんとバイクの後ろに乗っけてくれ、宿まで運んでくれた、タイの若者はさりげなく優しい。

いつものように部屋に荷物だけ放り込み、またすぐに出ることに。
すでに21時を回っていて、チェンマイから南下してきた疲れも襲ってきていたが、
夕食を喰いっぱぐれてしまう、と重い足を動かし、出かけた。



後半滞在の《ティエントン ゲストハウス》の口コミはこちら!

期待していた『ナイト・マーケット』は観光客向けのベタなマーケットでちょっと肩透かし。

観光客向けのお高い海鮮料理や値の張るオシャレ料理しか並んでおらず、アテは外れた。
安食堂でもないかなあ、と歩くも22時を過ぎていて町は眠りにつきはじめている。

こりゃあ、喰いっぱぐれるかもと思いつつ、宿への道を辿ると路地の向こうに明るい光。

おっと、アレは屋台の光じゃないの、と吸い寄せられる虫のように近づいてみると見事ビンゴ、
老夫婦が営むパッタイの屋台が深夜営業。

「パッタイ、ひとつ~」

そう声をかけるとがらっぱちのオヤジさんがアレコレ声をかけてくる。

「中国人? 日本人か?」「日本といえば『フジ』だな」「日本にも『パッタイ』あるか?」

無口に調理をはじめるお母さんとは対照的に話好きのオヤジさん。

日本にもタイ料理屋は多いこと、タイ料理は人気があることを伝えると、
「日本に行って商売するかな」なんて色気を出していたが、
「パッタイ」や「カオ・マン・ガイ」が200B(700円)ぐらい、
日本のラーメンは250Bはするよ、と伝えると、
目を剥きながら「やっぱりホアヒンが暮らしやすい」とヘンな地元愛を発揮していた。

「パッタイ」50B(≒175円)を持ち帰り、部屋での夕食、チェンマイからの長い一日の幕引き。

20190707_144411.jpg

翌日は雨季とは思えないほど暑く、とても出かけるような陽気でない、ジリジリ肌焼く「熱さ」。

日が傾きかけた頃にビーチをブラブラ、う~ん、もっとキレイなビーチかと思ったんだけどイマイチ、
ただしひと気がないのは素晴らしく、海岸沿いはほぼ貸し切り。

そんな砂浜で馬を馴らしている彼にすれ違いざまに声をかけられた。

「馬、乗らないか?」

「乗りたいんだ、どこに行けばいい?」

「向こうにオフィスがあるから、来てよ」

「OK」

というとふたたび馬を馴らしながら去っていった。

冗談ではなく、ホアヒンのビーチでは乗馬できることを知っていたので情報を得たかったのだ。
でもアンタ、広いビーチのどこにオフィスあるの、まったく商売っ気があるんだかないんだか。
そんな感じでホアヒンの時間が過ぎていく。

ホアヒンに来た時点で残り日数は4日あったが、
朝5時のフライトで帰国するので、最終日の火曜は4時間ほどが残るだけ。

結局、土曜にホアヒン入りし、安宿に2泊、3日目の月曜午後にバンコク・モチットに戻り、
MRTの『ラマ9世』駅に出向き、夕食時を過ごした。
この日は宿を取らず、遅い時間にドンムアン空港へ。

5時のフライトだからね、宿をとっても1時に起きて、2時に空港、3時にチェックインなら、と、
前日夜のうちにドンムアン入りすることを決めた。

幸い「エアアジア」はオンライン・チェックインできるので、
キオスク端末でボーディング・パスを打ち出し、日付が変わる前に制限区域へ。
あとはすっかりキレイになったラウンジでゲート・オープンを待ちましょう、というセコセコ作戦。
一泊分浮かしたというより「深夜に起きだして行く」ことよりは「深夜の時間ツブシ」を選んだのですね。

20190708_132248.jpg

こうして「再訪チェンマイ」と「初訪ホアヒン」、4万円かからない8日間のタイの旅も完結。
う~ん、バーツのレートがもうちょっと下がるといいんだけどね~、
今回、1万円で2,835Bがベスト、せめて3,000Bは保ってくれよう。

雨季のタイだけど、7日間で通り雨だけ、雨季の気配はゼロにも等しい。
「晴れ男」なんて気持ち悪いことはいわない、ただの異常気象の影響だろうから。
「ロー・シーズン」「レイニー・シーズン」の旅も悪くはないよ、行きたい時が行き時さ。

LCCの早朝便、帰りのフライトは「エコノミー・ファースト」で横になって寝るだけだ。

09, JUL. 2019 @ THE CORAL EXECUTIVE LOUNGE, DMK A/P


「航空券」「航空券+ホテル」で使える3,000円割引クーポン配布中!


nice!(29)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

見知らぬ街へ to Hua-hin via DMK [Thailand (Chiang-Mai)]

20190705_131214.jpg

チェンマイ空港、バンコク・ドンムアンへ戻る国内線待ちしてます。

到着の水曜夜、9時前のチェンマイ空港、飛行機が降り立った際、出迎えてくれたのは雨。
タイは雨季ですからね、当然のお出迎え。

国内線なので、そのままスルリと到着ロビーに出ると、雨止んでる。
ふふふ、フライト運健在、って各所でディレイしているけど。
ひとまず宿探しは濡れないですみそう。

空港アクセスの悪い「チェンマイ空港」ですが、訪問後にシャトルバンや路線バスができたらしい。
シャトルバンはどうやらホステルまで連れてってくれるらしい、
というのをドンムアンのラウンジに着いて調べたネット情報で知った。
3年足らずで画期的な変化です、チェンマイ、また来ちゃうぞ。

結局、シャトルバンは利用できず、ループバス(路線バス)で行くことに。
臨んだわけではないが、最安値20バーツの空港アクセス、しかも車内は貸し切り状態。

前回、滞在した宿に近いチェンマイ門から真っすぐ南に歩くと今夜の宿にブチ当たる、という幸運もあり、
バスを降り、歩いた、道路は濡れているが、雨が落ちる気配はなし。


チェンマイ《Hommetel》の口コミはこちら!

バンコクからフライトの遅れを宿にメールしておいたら、「カギ置いておくね」との返信。

やりっぱなしでかまわない、と思いつつ、空港から「着いたよ」とメールしたら、
女主人が待っていてくれた、特に何するわけじゃないが、なんとなくありがたい

「今日はあなただけよ、一昨日まで8名グループがいたんだけど」

おお、またもや貸し切り、ロー・シーズンってやっぱりステキ。

翌日、レンタル・バイクを借り出し、記憶をアップロードしながら城壁の街を彷徨う。
あいかわらずの田舎町でしたが、あちらこちらに巨大ショッピングモールが増えていて、
(前回、『セントラル・フェスティバル』が開業したばかりだった)
さらにオサレ・スポットが増えてました、それと各所にオサレ・カフェもね。

宿の近くには「ど」が付きそうなローカル市場もあり、歩いているだけで楽しくて、
繰り返し通ってしまった、やっぱり物価が安くて感激、反面、観光はしてない。

ご推察の通り、ナニもしないまま、チェンマイの3泊4日はあっという間、
少し慌てふためきつつ、フライト・チェンジしてここにいるか、ホアヒンに行くか、悩んだ。

20190704_193911.jpg

パタヤもアユタヤも行ったことがないが、観光客で溢れているところは煩わしい。
ホアヒンはむか~しから気になっていた「王室リゾート」、気になるでしょ、このフレーズ。

チェンマイとの別れを決意し、ネットで安宿おさえ、行かねばならない状況に自分を陥れた。

このチャンマイの安宿、城壁から少し離れているせいか、
シングルルーム、エアコン付き、朝食もついて一泊1,000円(!)、
まあドミトリーなら300円で泊まれる町なので、オドロキには値しないかな。

手作り朝食あるし、バイクは借りたし、ローカル市場は歩いて行けるし、この暮らし、離れ難し~。

で、本日土曜、おいしい朝食を食べ、10:40にチェックアウト。
「名残り惜しい」とスタッフに言われながら、「ホントにまた来る」と約束し、バイクで発つ。
10:45にバイクを返し、10:50にバイク屋を出て、バス停を探したらなんと目の前、
停留所に立ったら、10:55にバスが来た、なんだこの流れ、誰か見てるの?

ループバスは15分で空港へ、11:20にチェックイン完了、おお~、汗もかかずに空港にいるぜ。

20190705_163229.jpg

フライトは12:55、ドンムアン空港14:05到着予定、
その後はエアポート・バスでモチット・マイ(モチット・バスターミナル)を目指す。
200kmの道のりをロット・トゥー(呼称ではロットゥー=ミニバス)だと3時間半、180B、
バスだと4時間、240Bぐらいらしい。

今日の旅路はまだまだこれから。

06, JUL. 2019 @CNX A/P


【c】HotelsCombined
nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

いってきます! Fly to Chiang-Mai via DMK [Thailand (Chiang-Mai)]

20190703_091800.jpg

トランジットでドンムアン空港の『MIRACLE CO-WORKING SPACE』ラウンジにいます。

昨年9月の時点で「AIRASIA」のプロモーション・セールでバンコク行きを2万円でゲット。
「2019年早めの夏休み」を気取ったわけですが、
3月にひょっこり「タイ取材」が入り込んだので間を置かず、訪タイとなりました。
こうなると「毎月ソウル」に準じて「四半期タイ」、ああ、語呂が悪い。

「バンコク・ラーチャブリーFAMツアー」取材記事はコチラ、
ページ・ヴュー(使っちゃいけなくなったカタカナ「ヴ」)が増えてくれるとウレシイ。

https://www.traicy.com/20190411-thai (前編)
https://www.traicy.com/20190415-thai (後編)

おんたいむの模様はコチラ。
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2019-03-06 Tokyo Transit

さてようやく梅雨空が本気を出したようで、西日本では大いに人々を泣かせております。
関東エリアはシトシト雨と湿気に纏わりつかれ、テニスでの憂さ晴らしもままならない。

梅雨本番の中、あいかわらず出発運がいいようで、
水曜の朝、雨はきっちり止み、いつものように傘ナシで駅へ向かう。

赤い電車は始発から2本目に「成田空港直通」という気合の入ったヤツを繰り出してくれるので、
そいつに座ってしまえば、あとは2時間半で第2ターミナルまで運んでくれる。

スカイスキャナー

フライト・スケジュールはこんな感じ。
2019-07-03 09:15/14:00 XJ601 NRT/DMK
2019-07-09 05:05/13:10 XJ602 DMK/NRT

Webチェックインも済ませているので、7:30過ぎの到着でもOK。
いつものように第2ターミナルのハミ出した「Nカウンター」でボーディング・パスだけ受け取り、
カード・ラウンジでコーヒー・タイム。

3月に訪れていることと小奇麗になり面白みに欠けてきているので、今回バンコクはスルー。
さんざん悩んだ挙句、チェンマイ再訪を決め、国内線をおさえた。
去年、チェンライを訪れたのでその前の年だっけ、と思ったら2015年12月のオハナシだった、
記憶曖昧、脳細胞が死滅しつつあるらしい。
https://delfin3.blog.so-net.ne.jp/2016-10-01 チェンマイ紀行

2019/07/03 19:25/20:40 FD3443 DMK/CEI
2019/07/06 12:55/14:05 SL509  CEI/DMK

LCCなのでディレイを加味し、乗り継ぎに余裕を見て購入、ラウンジ使えるから心配なし。
ちなみに時間帯を優先したので、行きはエアアジア、帰りはタイ・ライオンというアレンジ。

ただし週末にかかり、バンコクへ戻る便が倍に跳ね上がるので、
安い土曜日のうちに戻ることに、日曜月曜は倍ですぜ、倍。

ということで、チェンマイに4日間、そのあと4日間はおそらくバンコクに居ずに、
他の場所を目指そうかと画策中、日本出発時点では予定は未定の旅。

20190704_175607.jpg

でもって、お客様お会計はこちらです。
国際線総額 20,918円 (エアアジア「9900円プロモーション」)
国内線総額  4,280円 (エアアジア2,148円+タイ・ライオン2,132円)

国策でバス運賃は安く抑えられているこの国ですが、国内線はその上を行く。
これに宿代2千円x6泊を加え、4万円しないハンドメイド夏休み旅、完成。

第2ターミナルとは言えないほど歩かされるLCC用のゲートにつくと、
到着便が遅れたらしく、搭乗開始は30分遅れの発表、誰だ、出発運がいいとか言ったの。

告知通り遅れた時間に搭乗開始、すると機内ガラガラであっという間にドア・クローズ、
席は3割ほどしか埋まっておらず、思わぬところで遅延挽回。

7月頭のロー・シーズン、旅するモノ好きはこいつぐらい、おまけにタイは「雨季」でさあ、ダンナ。
3-3-3の座席配列の1つを占領し、横になり爆睡、4時起きの身にはありがたいロー・シーズン、
「LCCファーストクラス」、フルフラットじゃないけどね。
5時間50分のフライトは揺れが多かったが、おかまいなしに熟睡モード。

到着は13:55、最近LCCはタイムテーブルを緩めに刻んでいることが多い。
タイとは2時間の時差があるので定刻なら日本時間15:05、現地13:05が正着時間なのだが、
タイム・テーブルには14:00と刻んであるのですね、それ、ズルくないかい。

20190703_142720.jpg

出発が遅れた分を時刻表で吸収して、ドンムアンに降り立ったカタチ。
入国審査もガラガラ、ロー・シーズンの旅人は流れるように隣の国内線用の第1ターミナルに平行移動。
ここにはアライバルでも使えるラウンジ(上記)があるので、そこに転がり込んだ。

ちょっと遅めのランチ・タイム、チェンマイはまだ遠い。

03, JUL. 2019 @ DMK A/P







nice!(20)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行